第10次交通安全基本計画(中間案)に対する意見募集(3)

第10次交通安全基本計画(中間案)が意見募集中です。
パブコメ意見募集期間は平成27年11月18日(水)までです。

◆歩車分離式信号の安全効果は明白であり、歩車分離式信号の必要性周知、設置推進は行政・警察が主導的に行うべきである。少なくとも歩行者の事故があった交差点については歩車分離式信号を検討する仕組みにすべき。

◆通学路については、スクールゾーン設定による自動車規制を原則とするべきである。自動車の迂回ができずスクールゾーン設定が困難な場合でも、十分な速度規制を実施し、自動車通行の抑制を行うべきである。

◆「自転車専用通行帯をふさぐなど悪質性,危険性,迷惑性の高い違法駐停車車両」を選択的に取締っているようでは、いつまでもいたちごっこが続く。違法駐停車車両にはシール貼付するなどして片端から取り締まり、排除するべきである。
一般市民が違法駐停車車両の写真を撮って通報できるようなシステムができないだろうか。

◆「結果的に運転免許が多数の不適格者にも交付されている現状がある」ことを認識し明記するべきである。運転免許制度は運転者の適格を見極めるものであるべきで、運転免許交付はもっと厳選して行われるよう改善されなければならない。運転免許制度の改善は必須である。

◆自動運転車の開発・導入は、交通ルールが完全順守される機能を実現するべきである。

◆道路交通事故原因の調査は、「再発防止」をより追求し、具体的な改善策を提示・提言するものであるべきである。
多くの調査は当事者の処罰までしか至っていない。
例えば、事故現場交差点の改善でも事故被害者遺族の運動によってようやく実現されるありさまであり、類似設備の改善までは到底およばない。アクセル・ブレーキペダルの踏み違え事故について、調査結果に基づく改善策が提言されたことがあるだろうか。運転者が注意意識を失った状態で起きた事故について、その後再発防止措置がとられていれば、自動車には既にデッドマン装置が装備されているはずである。
飲酒運転事故については、事後対策はこれまで啓発程度に止まってきたが、飲酒運転が後を絶たない実状をみれば、自動車にもれなくアルコール検知装置を装備する提言があってしかるべきではないか。

◆交通事故被害者は個々の事件の当事者であるばかりでなく、クルマ社会の中での犠牲者ともいえる。社会全体で追悼し、事故を再発さ
せないという誓いを共有することは大切であると考える。毎年11月の第3日曜日は国連総会決議による世界共通の「世界道路交通犠牲者の日」であり、この日に行なわれる追悼・関連催事について、政府は積極的に共催・後援を行うべきである。春秋の全国交通安全運動の際に行事の中で「黙祷」などが行われているが、それに加えて「世界道路交通犠牲者の日」に追悼を行い、政府から国民全体に呼びかけを行うことは何ら不都合はないはずである。年々の多くの交通事故と犠牲者発生は国家的課題であるという認識を持って、手厚く追悼に取り組むべきである。

この記事へのコメント

  • SU

    一応意見書きました。でも400字ってあまりにも少ない気がします・・・
    完全分離の自転車道、歩道、路側帯駐車の常態化、ゾーン30の30Km/hが歩行者目線では速すぎること、あまりにも交通警察の活動が怠慢で、無法地帯と化していることなどを書き込みました。
    第10次交通基本計画のPDF読みましたが、人優先などそれなりのしっかりした考えをもってやってるのかなとは思いました。ただ、H32年までに24時間死者2500人って、まだまだ危機感が弱いなあとは感じました。
    2015年11月17日 20:13
  • tomi

    SUさん、交通安全基本計画は文章としてはまずまずだと思うのです。しかし具体的に何をやるのかが気になるところで、まだまだ見ていかなければならないと思っています。
    2015年11月19日 18:22