制限速度時速30キロは誰のためなのか?

私がつねづね疑問に思っていたことを facebook で指摘された方がいましたので、紹介させていただきます。
「ゾーン30」って本当に歩行者のためなんでしょうか?
歩行者の安全を優先するならば、生活道路では時速20キロ制限とか時速10キロ制限でいいと思います。

---------(以下facebook記事の紹介)-----------
"一般道路の最低の制限速度は時速30km!あまりに酷いですよね!"
https://www.facebook.com/yukio.oguri/posts/1058963804183687

posted by tomi at 12:32Comment(6)ゾーン30

この記事へのコメント

  • トロント

    第10次交通安全基本計画のパブコメに長谷さんの主張されている事と同じ徐行道路のコンセプトを提示しましたが30㎞制限が世界の標準だと、国内事情を無視した回答がなされました。
    2016年06月12日 17:59
  • tomi

    「制限速度時速30キロ」は、「歩行者に対してこれ以上の譲歩はしない。自動車の利便を損なわせるわけにはいかない」という当局の意思を感じさせます。
    2016年06月12日 20:48
  • SU

    あくまで制限30というのは衝突時の致死率のボーダーラインという統計上の問題であって、実際に歩行者側が30㌔の車と住宅地ですれ違ったら速いな、危ないなと感じるわけです。であれば、30㌔という数字は何の意味も持ちません。あくまで弱者側である歩行者の感覚で考えるべきです。個人的には20キロ以下でお願いしたいと思います。ちなみに鉄道の入替え速度は25キロ以下、実際には20キロくらいでないと怒られます。

    そもそも30㌔という数字は致死率の限界線という以外に車目線からすれば利便性を犠牲にせずに抑えられる最低限の速度なのではないでしょうか。歩行車、自転車の目線からすれば30㌔というのはかなりの高速です。30㌔という数字は車目線の感覚を象徴していると思います。
    2016年06月12日 21:29
  • tomi

    SUさん、私の印象でも、制限時速30キロというのは自動車側の利便を保てるような線引きとしか思えません。
    ゾーン30に指定されている道路なんて、常識的に見て時速30キロ超で走行すれば明らかに「乱暴な運転」になりそうな所ばかりです。
    つまりゾーン30は、自動車にとって何ら不便を感じないであろう範囲での規制にわざわざ名前を付けた程度のものであって、これをもって「人優先の交通安全政策」と言うのはまったく嘘くさい限りです。
    2016年06月13日 19:49
  • 昔は最低の制限速度は20キロだったと思うのですが、一体いつから30キロに引き上げられてしまったのでしょうか?
    すべての人に影響のあることなのに一部の人だけで知らない間に決められているというのはおかしなことだとしか言いようがないですね。
    2016年06月22日 18:37
  • tomi

    そうなんです。
    制限速度の最低が「20km/h」か「30km/h」かという問題もありますが、皆が従うべきルールが「いつのまにか一部の人だけで決めれれている」という大問題があります。
    2016年06月22日 21:13