「聖地」へは歩いて行こう

東京新聞での<東京人>記事の紹介の紹介です。
用事や通勤通学で行き来するばかりでなく、自分の気持ちが安らぐ「聖地」を訪れる時を持てるのは良いですね。
「マイ聖地」への巡礼は、やはり歩いて行きたいものです。

--------------------
<東京人>聖地を歩く どこにも誰にでも
2017年12月3日 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201712/CK2017120302000113.html


 「東京人」編集部のオフィスは、「東京のお伊勢さま」で知られる東京大神宮(千代田区富士見)の裏にあります。平日の昼間でも、縁結びを願う若い人たちの姿が絶えません。中には毎日の習慣なのか、鳥居の前で静かに手を合わせてから先を急ぐ人もいます。
 日本全国の神社の数は約八万社で、コンビニの約五万店をはるかに超えています。近年、テレビや映画、アニメに登場した場所を訪ねる「聖地巡礼」がブームとなり、おかげで参拝客が増えた神社も数多くあります。絵馬やお守りを工夫するなど、神社もビジネスセンスが問われる時代になりました。
 「聖地を成立させるのはメディア。その場所を巡る物語がたくさんの人に共有されると聖地になる」と解説するのは、宗教学・観光社会学を専門とする北海道大学准教授の岡本亮輔さん。作家の加門七海さんは「あなたのパワースポットはどこですか?と聞くと、『パチンコ屋』『デパート』と答える人もいる」。コラムニストの辛酸なめ子さんは「新しい商業施設は生きる原動力にもなる物欲的パワースポット」とエッセーでつづります。
 心が落ち着き、清らかな気持ちになったり、明日への活力が得られたりする「聖地」は、社寺以外にもあります。自分だけの「マイ聖地」を持っている人は、案外多いのではないでしょうか。次週からは「徳川将軍家」「湧水」「巨木」など、土地の歴史や人々の暮らしにある「聖地」を紹介します。 (「東京人」副編集長・田中紀子)
     ◇
 「都市を味わい、都市を批評し、都市を創る」をキャッチコピーに掲げる月刊誌「東京人」の編集部から、原則毎週日曜日に都内各地の情報をお届けします。
 詳しくは、「東京人」1月号20ページ「座談会『聖地』は、どう生まれ、どう広がっていくか 泉麻人×加門七海×岡本亮輔」で。
 【1月号主な内容】江戸の「聖」と「俗」 竹内誠▽物欲は「聖地」に宿る 辛酸なめ子▽アニメと巡礼 北村弥生▽鉄道と社寺参詣 平山昇▽ご利益神社おすすめ15選



posted by tomi at 05:30Comment(0)楽しく歩く工夫

スポーツ庁「歩く」推奨プロジェクトでアプリ開発

スポーツ庁の施策紹介のニュースです。
「歩く」ことでポイントが得られるスマホアプリは既に各種存在するようですが、このたびスポーツ庁も「歩く」推奨にアプリを活用するということですね。
「歩く」推奨は基本的に良いと思うのですが、なんだ、ここでもスマホ依存か?という感もあります。“今どき”は何でもこうなるのでしょうか。
ちょっと心配なのはポケモンGOと同様に、“ながら”歩きを誘発する恐れがあるんじゃないかということ。
また、これらのアプリの運営には企業が介在するようですが、利用者の位置情報など行動データを吸い上げるようになっており、結局は商業活動に利用されるのか?ということで、「何のためのアプリか」少々釈然としない部分もあります。

--------------------
「歩く」でクーポン獲得 運動定着へアプリ開発
2017.11.27 SANSPO.COM
http://www.sanspo.com/sports/news/20171127/spo17112716120006-n1.html


 スポーツ庁などが来年3月から官民連携で本格的に実施する「歩く」ことの推奨プロジェクトで、歩数に応じて飲食店やコンビニエンスストア、スポーツ衣料品店などのクーポンがもらえるスマートフォンの専用アプリが開発される見通しとなった。27日に開かれた国のスポーツ審議会の健康スポーツ部会で報告された。

 プロジェクトにはスポーツ実施率が低い20~40代の働く世代に運動する習慣を定着させる狙いがある。スポーツ庁は「国民運動」として定着させたいとしており、1日8000歩を目標に、スニーカーでの通勤も奨励する。アプリでは全国で取り組みを身近に感じてもらえるよう、約50のご当地の「ゆるキャラ」を活用したゲーム機能も備える予定。

--------------------
スポーツ庁のホームページ
“歩く”をもっと“楽しく”『FUN+WALK PROJECT』開始
http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/houdou/29/10/1396838.htm