「自転車の歩道通行可」のカラクリを考える


「自転車が通行することができる歩道」は右の標識で示されています。
原則として歩道幅員3メートル以上が必要とされている(※)はずですが、身の回りには、この条件を満たさない「自転車通行可の歩道」が多数存在します。
(※2011年10月25日 警察庁交通局長通達)

これは、いったいどうしたことでしょう?
こんなマンガが思い浮かびました。
hsk01.pnghodou.jpg

manga0101.png
manga0102.png
manga0103.png
manga0104.png
2015年9月発行のクルマ社会を問い直す会会報81号に掲載したものを再編集しました。